犬の散歩代行サービスって?散歩代行を選ぶ基準やメリットデメリット

この記事では「犬の散歩代行サービス」について詳しく解説しています。散歩代行サービスを選ぶ基準、メリットデメリットについても解説しています。

近年日本でのペットブームに伴い「犬の散歩代行サービス」が流行りつつあることはご存知でしょうか。恐らく聞きなじみのない方もおられることと思います。そこで今回は「犬の散歩代行サービス」について詳しく解説していきます。

犬の散歩代行サービスとは?

犬の散歩代行サービスはその名の通り「犬のお散歩を飼い主の代わりに行う」というものです。犬の大きさなどに合わせ料金やシッターが変わります。

代行サービスが使われる理由には
・飼い主がケガをしてしまった
・飼い主が病気で動けなくなっている
・仕事で帰宅できず散歩ができない
・旅行に行くため一時的に世話をしてほしい
などが挙げられます。

家庭によって事情はさまざまであるため、散歩代行サービスでは広く要望を聞き、柔軟に対応していることが多いです。また散歩代行だけでなく、簡易的な犬のお世話をセットでしてくれることもあります。しかし、依頼先によってサービス内容が異なるため、事前に確認しておきましょう。

散歩代行サービスを選ぶ基準

散歩代行サービスを選ぶ基準には
・料金設定が適切か
・口コミ評価は良いか
・Webサイトがわかりやすいか
・サービス内容に満足できるか
などが挙げられます。

散歩代行サービスを探す場合は、ホームページでサービス確認できるところを選ぶのがおすすめです。また、その際に費用の相場や口コミなどの確認をしておくと不安が少なく済みます。

一般的な散歩代行サービスでは、予約後に
・散歩コースや回数、時間の確認
・愛犬の特徴やクセ、体調の確認
などを行うため、打ち合わせがなされます。何か特別な事情や要望などがあった場合には、打ち合わせの時に相談してください。

また、注意点ですが散歩代行サービスの検討を行う際には
・「動物取扱業」に登録しているか
・「動物取扱業登録番号」を提示しているか
といった点を確認してください。この点は「会社が法律に違反していないか」をはかるポイントとなるので必ず確認しましょう。

犬の散歩代行サービスにおけるメリットデメリット

メリット
犬の散歩代行サービスにおけるメリットとして主なものは
・犬と飼い主の心にゆとりができる
・飼い主が忙しい時でも安心できる
・愛犬の健康につながる
以上の3つです。順に解説していきます。

犬と飼い主の心にゆとりができる

犬の散歩代行サービスにおけるメリット1つ目は、犬と飼い主の心にゆとりができることです。犬にとって散歩の時間は、ストレス発散ができる楽しみな時間です。そのため「飼い主が忙しく散歩の時間がとれない」となると
・やたらとほえる
・噛みつきグセがついてしまった
など、行動に異変が出るケースが多いです。飼い主側からすると心配になりますよね。

また
・留守番中の愛犬が心配だから急いで帰る
・愛犬の散歩のため、急いで帰宅する
といった飼い主は多いです。
こんな時、散歩代行サービスを使えば心にも多少ゆとりが持てますし、上記の通り愛犬にとってもストレスが少なく済むため、お互い心に余裕が持てます。「最近余裕がないかも」「散歩に行けていない」という方は散歩代行サービスを検討してみてください。

飼い主が忙しい時でも安心できる

犬の散歩代行サービスにおけるメリット2つ目は、飼い主が忙しい時でも安心できることです。散歩代行サービスは
・飼い主が忙しく犬をかまってあげられない
・仕事で家に帰れない
といった忙しい時におすすめです。

基本的に犬はかまってもらえないとストレスがたまり、上記にも挙げた通り「ほえたりかんだり」といった行動をよくするようになります。愛犬をかまってあげられなかったり、愛犬の様子に変化が見られたりすれば「心配で仕事どころじゃない」という方が多いため、予防としても散歩代行サービスはおすすめです。

また基本的に
・エサやり
・水換え
・ドッグランへの遠足
など、散歩代行サービスとセットで他のサービスの依頼ができますので、状況に応じて検討してみてください。ただし、対応可能なサービスは会社ごとに異なるため、注意しましょう。

愛犬の健康につながる

犬の散歩代行サービスにおけるメリット3つ目は、愛犬の健康につながることです。基本的に、犬は散歩をしなければ運動不足になってしまいます。運動不足になると肥満につながり最悪の場合病気になるリスクがあるため、注意しましょう。

また、犬は毎日散歩ができることで健康が維持できるだけでなく、精神的にも穏やかになるため「散歩ができないことが増えた」という場合には、散歩代行サービスの利用をおすすめします。

デメリット
犬の散歩代行サービスにおけるデメリットとして主なものは
・少なからず費用がかかる
・地域によってはサービスがない
・会社によって散歩時間などに差がある
以上の3つです。順に解説していきます。

少なからず費用がかかる

犬の散歩代行サービスにおけるデメリット1つ目は、少なからず費用がかかることです。散歩代行サービスは時間やプランによって料金が変わります。最短で30分からという会社が多いですが、30分でも数千円ほどはかかります。

そのため「定期的な利用」を考える場合には、経済的に圧迫されてしまうことがあります。また、会社によって料金にも違いがでるためよく比較検討を行うようにしましょう。

地域によってはサービスがない

犬の散歩代行サービスにおけるデメリット2つ目は、地域によってはサービスがないことです。
・東京
・大阪
といった都市部であれば、散歩代行サービスも沢山あるのですが、地方などの場合には利用可能な業者がそもそもいないこともあります。

また、いたとしても高い場合や1社しかいない場合などがあるため、居住している地域によっては探し方に注意が必要です。

会社によって散歩時間などに差がある

犬の散歩代行サービスにおけるデメリット3つ目は、会社によって散歩時間などに差があることです。サービスの多くは上記の通り30分プランから存在していますが、60分プランなどを検討する場合には注意が必要です。

なぜなら、60分プランのうち
・30分間が散歩の時間
・残り30分はお世話の時間
というケースもあるからです。

犬には「個体差」 があるため、散歩時間はそれぞれ異なります。特に大型の若い犬であれば、30分の散歩では足りないことがあるため、注意しましょう。

おすすめの散歩代行サービス

おすすめはオリーブシッターの代行サービスです。オリーブシッターの代行サービスでは
・お世話内容のオーダーメイド
・2名体制でのシッティング
・送迎、付き添い
・長時間シッティング
・ご指定場所でのシッティング
・追加料金不要の家事代行
といったサービスが利用できます。

特にお世話内容がオーダーメイドで組めるため
・お散歩代行
・ごはん
・お水換え
・トイレ掃除
・パピーの社会科遠足
・ドッグランへ遊びに行く
・お客様宅でのお泊りシッティング
以上7つから、希望のサービスのみで依頼が可能です。

そのため
・してほしいことにだけお金を払いたい
・多頭飼いだから依頼がしにくい
という方でも利用しやすく、代行サービスの中でかなりの人気を博しています。

まとめ

「犬の散歩代行サービス」についてはお分かりいただけたでしょうか。散歩代行サービスを利用する場合には、安易に決めることなくしっかりと比較検討を行いましょう。もし依頼先に迷われた場合には「オリーブシッター」の代行サービスを利用してみてください。